lunar eclipse。月食に思うこと。

11/19 17:57頃に牡牛座の満月を迎えます。


今回は部分月食を伴う満月。(食の最大は18:03ごろ)


普段の満月は


お月様と太陽が向かい合わせの位置になるから

それでお日様の光が当たっている半分が

地球からまん丸に光って見える、




ということなんだけれども、


月食が起こる、

というのは

さらにその向かい合わせになる角度も

地球を挟んで一直線になるから

その地球と重なった部分が影となって

満月のお月様が欠けて見える、というようなしくみで。


そもそもなんでみんな回ってるんだろう?

そしてこんな広い宇宙で

なんで私はここに生きているんだろう?


本当に宇宙は壮大で

わからないこと、

不思議なことがいっぱいで、


でもそう思うと

本当に月食だけがスペシャルなのではなく

今この瞬間瞬間が

全部奇跡のようにも思えてくる。


もちろん月食はパワフルな意味もあると思うし

そうやって伝えてきたけど、


最近はそこだけに特化するではなく


そういった天体ショーや宇宙のイベントを

大きな点として

そこだけにフォーカスして捉えるのではなく


その点と点をつなぐ

日々の流れの中にこそ

自分自身の奇跡や喜びを感じていられるのが

いいんじゃないかな、と思うのです。